ed459e39370a854b912065502aaeae83_s
 
95: 2018/11/12(月) 08:31:51.16 ID:LEI+3az50
ラノベで本格的な復讐モノって何かある?
もしくは書いてる人折おるかの?
テーマが暗いからどうしても暗い内容になると思うんだが……ラノベではカテエラにならんだろうか?

96: 2018/11/12(月) 09:32:23.35 ID:gNfD9GFXd
>>95
主人公またはヒロインの動機として、少年漫画レベルのものなら溢れてるけど、「本格」がそれでないのであれば、もう映画館や大衆文学でもみないかもしれない
カテエラって読まずに弾かれるレベルなので、「ジャンルがレーベルに合わない」くらいなら面白さでねじ伏せられるからなんとかなるかもだが

97: 2018/11/12(月) 09:44:45.43 ID:jizFNnWSr
>>95
なろうで復讐系は流行ったから3000作品ぐらいは数だけならある
その他ラノベだと……例えば未踏召喚ブラッドサインが広義の復讐?

119: 2018/11/13(火) 15:08:48.12 ID:1udMTyjc0
>>95に返信ありが㌧
紹介された作品を調べてみたけど、どれもそうドギツイ感じのはないっぽいね。
キツそうなのは六花の勇者かな……主人公が復讐しか考えない凶暴な人格が本来の性格だとかで。

そこで自分が考えているストーリーを要点だけ書くので、よければ意見を頂ければと。

主人公:ラスボスに故郷を滅ぼされ妹を殺された
ヒロイン:主人公の妹に生き写し(もしくは性格などが似ていて、主人公は妹と重ねて見ている)
ラスボス:ヒロインの父親
黒幕:ラスボスの妻を殺した男
というキャストでのストーリー。
主人公は殺したかった相手がヒロインの身内だと知って、復讐心とヒロインを悲しませたくない気持ちの板挟みに遭う。
ラスボスに勝った後も自分が我慢するという結論を出して復讐を取りやめた。
で、ラスボスは黒幕を道連れにして死ぬ……という結末。
復讐を取りやめて生き残った主人公と、復讐を果たして死んだラスボス……という対比を狙ったんだけど、こういう話ってラノベでは不向きかな?

124: 2018/11/13(火) 20:12:15.72 ID:rsEMitp4d
>>119
なんかどことなくダースベイダーとルークを彷彿とさせる筋書きだな
長編シリーズならまあ悪くはないと思うけど新人賞の文字数では詰め込みきれんだろう

98: 2018/11/12(月) 10:05:44.17 ID:khPTzCX9p
逆に考えるんだJojo「復讐しなくても良い」を落としどころにするんだ。マルドゥック・スクランブルが正にそうさ。

99: 2018/11/12(月) 10:31:53.31 ID:uP75Ft32d
漫画だけど辺獄のシュヴェスタとかは復讐が目的でちゃんと最後まで完遂してたのは良かったな

100: 2018/11/12(月) 12:08:07.28 ID:ucLEJViEr
復讐は普通にやったら、完遂してもしなくてもすっきりしない宿命を持つからなぁ
俺なら復讐でもじめっとしたのにはしないけど、落としどころこそが復讐ものの最大の工夫点だね

101: 2018/11/12(月) 12:46:53.63 ID:khPTzCX9p
現実の犯罪の話しになってしまうんだが、神戸連続児童殺傷事件の被害者家族のルポで、家族の一人が「犯人なんてつまらない奴だ」と思えるようになりたいって答えてた。
これは、また別の本に書いてあったことだが「誰かを(何かを)憎むのは、それに捕らわれコントロールされてるのと同じだ。まるで恋するかのように、四六時中それの事を考えている」

人生に障害はつきもので、大切なのは如何にそれを乗り越えるかで、自分の大切な人生を、嫌いな相手のために費やすべきではないって考え方だな。

102: 2018/11/12(月) 13:19:21.98 ID:jizFNnWSr
スッキリした復讐だとあれだな、ポルナレフJ・ガイル戦の「我が妹の魂の名誉のために! 我が友ポルナレフの心のやすらぎのために この俺が貴様を絶望の淵にブチ込んでやる」
は全体の流れや結末も爽快感あったな

復讐に囚われすぎてないし、終わったからって喪失感に溺れたりもしてない
仲間の存在が復讐以外にも目を向けさせてくれたっていう成長譚にもなってる

103: 2018/11/12(月) 13:21:39.94 ID:jizFNnWSr
あとあれだ、完全に復讐者として生きてる主人公と言えばそれこそゴブリンスレイヤーじゃん
あっちは完全に針が振り切れて自分をゴブリンと同一視するまでになったけど、こちらも仲間に救われる話

六花の勇者の主人公もちょいそれに近いな

104: 2018/11/12(月) 15:48:31.62 ID:H9RVlKwqM
俺としては憎悪を完璧に肯定してくれた方が好みやな
ラノベ的に正しいかは置いといて

105: 2018/11/12(月) 17:23:04.79 ID:frWxR32s0
>>104
理非善悪を完全にスルーして主人公の望みのままに物語が進むのは、なろう系タイプだな
勧善懲悪ならぬ完全懲悪というか、複雑性を廃して純粋なある種の爽快感を突き詰めた構成というか

106: 2018/11/12(月) 18:55:20.99 ID:EP9c8WFM0
むしろ主人公を徹底して正義として書くのがなろうってイメージがある
復讐はするけど間違ってるのは全部主人公の事を分かってくれない勇者パーティさんの方なんすよみたいな

107: 2018/11/12(月) 19:00:30.63 ID:frWxR32s0
同じことでしょ
憎悪を完璧に肯定すると大体そうなるぞ

108: 2018/11/12(月) 19:42:24.70 ID:ucLEJViEr
そうだね
単なる言い方捉え方

109: 2018/11/12(月) 20:30:19.28 ID:khPTzCX9p
なろう系主人公の特徴は正義なんかじゃなく、徹底的に無慈悲で、サイコパス的なまでに共感や同情心に欠けてることだよ。
だから、なろう系の主人公は敵に手加減しないし、徹底的にやる。それこそやり過ぎ、ファンじゃない読者は、ひくぐらいに。

さらに最近のザマァ系と言うか、主人公ハブられけいだと、敵どころか味方に対しても無慈悲かつ無関心だったりする。
「俺を爪弾きにした奴らが、俺の成功に驚いたり嫉妬したり、後悔してるの小気味いいw! 酷い目に遭うのも自業自得じゃねw?」
なんて具合にね。

114: 2018/11/12(月) 22:08:47.64 ID:aLssB7fj0
忘れられてるかもしれないがニンジャスレイヤーも復讐もの

120: 2018/11/13(火) 16:02:51.61 ID:jDZuRrZk6
正直面白いのかどうかよくわからん
というかたまに思うけど、キャラを「ラスボス」「主人公」「ヒロイン」「黒幕」ってキッカリ役割だけで語れるもんかな……?
少なくとも、役割だけでこうやって列挙してもあんまり面白くは見えない気がする

121: 2018/11/13(火) 16:31:25.75 ID:TsTvDeDb0
黒幕というのは故郷を滅ぼした事件の黒幕?

122: 2018/11/13(火) 19:49:45.32 ID:2P96fmsKr
雰囲気そんな役割だと察してってことならいいんじゃないの
このキャラは狂言まわし…みたいな感じに役割前提で考えると薄いキャラになりそうだけど

123: 2018/11/13(火) 20:07:15.52 ID:Pa3vQTQ80
キャラクターの役割は読者の好みもあるけど、
そのキャラクターと読者にどのような感情を生じさせて、
隠された情報やこの先の展開に興味を持たせるように具体的に考えたいところ

幸い面白い作品が溢れてるんで、
読者や観客が面白いと思う心理面から裏付けをとっていくような感じで

126: 2018/11/13(火) 20:17:52.11 ID:2P96fmsKr
ぶっちゃけ復讐にありがちな要素詰め合わせだから、復讐の悪い要素が機能しつつ既視感強い仕上がりになりそう
他の部分で勝負できないときついね

129: 2018/11/13(火) 20:40:11.27 ID:syAoMgvv0
大多数のラノベ読者は主人公を自分と思って読む
主人公にはヒーローでいて欲しいし主人公様の敵はボコボコにされる為のサンドバックでいて欲しい
復讐心とヒロインを悲しませたくない気持ちの板挟み~なんてよっぽど上手く書かなきゃまあ厳しいだろう

131: 2018/11/13(火) 22:07:20.44 ID:yqhcRVMA0
>>129
結局両親を失ったヒロインは不幸になって終わりだしな
ここで聞いちゃう程度の思い入れなら労力をかける方向性がちょっと違うと思う

142: 2018/11/14(水) 06:02:45.06 ID:kqxfIT5t0
「復讐」に念頭を置いたラノベがないか探したんだけどよさげなのがあった
イグニッション・ブラッドってラノベの2巻で、主人公は女上司をラスボスに殺され、ラスボスは恋人を主人公に殺されたってシチュ
このストーリーは人間と吸血鬼が殺しあう世界で、主人公が人間、ラスボスと恋人が吸血鬼
恋人を殺されたラスボスが復讐のために数年間の修行を積み、大幅にパワーアップした状態で主人公に一騎討ちを挑むというのがラストバトル
どちらも好きだった女性を殺されているので復讐のために戦っていたんだけど、
ラスボスは「死んでもいいから復讐を成し遂げる」
主人公は「仲間たちが待っているから死ぬわけにはいかない」
という違いがあって、最終的に紙一重の差で主人公が女上司の技をラスボスに決めて勝利……という幕切れ。
見どころは復讐に狂ったラスボスかなぁ……その辺のキャラよりずっとインパクトがあった
ただこの作者のラノベって長続きしないのよね……イグニッション・ブラッドは3巻で終わっちゃったし、新作も1巻が出てから全然でないのでたぶん打ち切り?
調べたらなろうで新作を書いていた。戦闘描写とかシリアスな雰囲気とか好きだったんだけど、やっぱりこういうのってラノベには合わないんだろうか……?
自分はシリアスの中にギャグを入れるのが好きなんだけど、ラノベってたいていはギャグの中にシリアスを入れる感じだから
たぶん自分のやり方ではラノベには合わないのかもしれない……という不安があって質問させていただいた次第です。

個々の意見はすごく参考になったので、復讐モノは横に置いといてコメディメインの明るいラノベにしてみます。

143: 2018/11/14(水) 07:24:21.29 ID:p1bN1faYa
本当に大切なのは、夜は寝ることだぞ。

144: 2018/11/14(水) 07:55:54.46 ID:BVzisMM6M
うむ(マイスリーを飲みながら)

引用元: http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bookall/1541769215/

完全復讐マニュアル
三才ブックス
2016-02-03


↓ブログランキングに参加しています

2chまとめランキング