創作ちゃんねる

創作活動をする方のために役立つ創作情報や小ネタ、小説公募情報などをまとめる5chまとめブログです。

    2018年01月

    f83f8293af3d9cca5d5720e74737651e_s

    20: 2018/01/27(土) 07:31:50.19 ID:SRCVrgss0
    PVって、初めて投稿した時は100もいかないけど、半月ぐらい更新してれば投稿しなくても500PVくらいいくのね。底辺卒業むっちゃ楽やんけ。おまえら盛るよね~

    21: 2018/01/27(土) 08:42:04.14 ID:HC0d7atad
    PVだけなら毎日更新で1500まで伸ばせましたけどね
    ブクマがそれに比例してくれたかと言うと…

    22: 2018/01/27(土) 08:44:30.03 ID:SRCVrgss0
    400でひとつくらいじゃない?俺の周りも含めてそのくらいですね
    【【創作ちゃんねる】お前らのなろうに投稿した小説のPVっていくつぐらい?底辺スレ民の作者事情】の続きを読む

    280d75163b644c816949f6a30486a0b0_s

    119: 2018/01/27(土) 12:04:59.66 ID:Vs4qBy9Q0
    そういえばエルフが肉を食わない設定が多いのは何でだろう?
    森を大事にするなら農耕するより狩猟生活になるはずだと思うけど

    120: 2018/01/27(土) 12:12:02.81 ID:yK8nYrSx0
    エルフが肉食べない設定?

    初耳

    121: 2018/01/27(土) 12:13:53.86 ID:mjd4Lpka0
    弓使うんだから狩猟もするだろ
    または完全に精霊、妖精的存在か
    【【創作ちゃんねる】エルフのイメージってみんなの中でどうなん?基本弓使いで狩猟民族なのに肉食わないっていう矛盾した設定多くね】の続きを読む

    dfff557389e0ea4c0dcd52a2dfbde0f8_s

    3: 2018/01/25(木) 23:27:06.77 ID:nGyHDHeJ0
    こんなスレがあるんだな……
    設定、展開と言えるか分からないけど
    関西弁話すキャラが出ると世界観ぶち壊しすぎて心底嫌気がする
    実際は関西弁自体は問題ないんだけど関西弁キャラを出す9割が目上の人間にタメ口

    5: 2018/01/25(木) 23:34:02.63 ID:njGGszY30
    関西弁で世界観云々は気にしないけど関西弁自体が嫌いなので出たら即ブラバです(過激派)
    地の文まで関西弁だと存在しない低評価ボタンを押したくなってくる

    6: 2018/01/25(木) 23:36:02.08 ID:OklJeUjr0
    異世界じゃないが、テキサス訛りを関西弁で表現がしてる小説があったな
    【【創作ちゃんねる】異世界人「ほんならな」←この関西弁ですごい訛ってますよ的な言語の表現やめてほしい】の続きを読む

    MIYA_masaizokuDSC_5074_TP_V4

    646: 2018/01/22(月) 22:43:18.65 ID:JExnFTIF0
    だからさ~異世界の名前っていってもね。よくあるようにカタカナで書かれてるからなんとなくそれっぽい感じに思えてるんだろうけど、
    言ってる事は人間界ってだけだし。例えば江戸時代の人にこの世界の名はと問いかければ、バカにして無視されるか、
    親切な人に六道を教えて貰えるかだろうね。そうしてこの世は人の世で世界は極楽、修羅、人間、畜生、餓鬼、地獄の六つあると言われるでしょう。

    650: 2018/01/22(月) 23:19:26.85 ID:yzkLVK0p0
    世界以前にまず土地って意識がない作品が多い気がする

    日本みたいに特別差別が酷い国じゃなくても
    普通、低学歴貧乏人外国人なんかは劣った地域に押し込まれるもんだけど
    異世界だと色んな種族がごっちゃになってすごしてるのが多すぎ

    651: 2018/01/22(月) 23:26:29.20 ID:ctWTxQyt0
    押し込まれるというか、いろいろやって金持ちになっていくと良い条件の土地に移り住むから、
    結果的に低学歴で収入も良くない連中は酷い土地に取り残されてそこで子々孫々住み続けるしかなくなるだけとも
    【【創作ちゃんねる】冒険者はエリートなのか?異世界もののコミュニティの謎】の続きを読む

    1

    (講談社ラノベ文庫HP)締切2018/5/10まで


    主な対象読者を10代中盤~20代前半男性と想定した長編小説。
    ファンタジー、学園、ミステリー、恋愛、歴史
    、ホラーほかジャンルを問いません。

    40文字×34行の書式で100~150枚
    大賞:300万円/優秀賞:100万円/佳作:30万円

    審査発表:2018年発売の文庫挟み込みチラシとラノベ文庫公式ホームページにて発表予定
    1次選考通過者以上の方には評価シートを発送




    イラスト2

    (KADOKAWA HP)締切2018/5/7 正午まで

    大人向けのエンタテインメント小説を募集


    恋愛、ミステリー、ファンタジー、コメディ、ホラー、サスペンス、青春、歴史、SFなどジャンルは不問

    大賞:100万円/入選:30万円/佳作:10万円/審査員特別賞:賞金なし
    1枚あたり40字×32行(縦組み)換算で100〜150枚
    ※上記枚数内であれば、短編連作、オムニバス、長編などの体裁、話数、各話の枚数は自由

    審査発表:
    2018年7月頃 一次選考通過作品の発表
    2018年9月頃 二次選考通過作品の発表
    2018年秋頃 最終選考結果発表

    上記サイトにて、「応募作タイトル」「応募者ペンネーム(ペンネームがない場合は氏名)」を発表予定




    イラスト

    第16回 ジュニア冒険小説大賞

    (岩崎書店HP)締切2018年06月30日まで

    ファンタジー、SF、ミステリー、ホラー、ナンセンスなど、どんな内容でもかまいません。冒険心に満ちあふれた物語であること。
    小学校高学年から読めて楽しめるもの。

    400字詰めで150枚から200枚(枚数厳守)。ワープロ可。梗概(800字)を添付すること。
    ※字詰め、行数は自由。ただし、400字で換算した枚数を明記。

    本文とは別に次の事項の記入必須→「ジュニア冒険小説大賞応募」と朱記、次にタイトル・筆名・本名・住所・電話・性別・年齢・職業

    審査発表:2018年12月、雑誌「日本児童文学」等に発表。12月1日岩崎書店ホームページにて発表。

    大賞:賞状と賞金20万円/佳作:副賞


    イラスト

    (ポプラ社HP)2018年6月30日


    エンターテインメント小説を求めます。ジャンルは問いません。


    400字詰め原稿用紙換算200枚~500枚。A4判の用紙を横置きで、1枚あたり40字×35行。

    新人賞 正賞記念品 副賞200万円
    ※入賞作品はポプラ社より刊行


    審査発表:2018年12月10日(ポプラ社ホームページおよびポプラ社発行PR小説誌「asta*」にて)



    イラスト2


    (KADOKAWA HP)締切2018年5月8日

    魅力的なキャラクターが活躍する、エンタテインメント小説。

    爽やかな青春ミステリから、痛快なアクション、謎が謎を呼ぶホラーミステリーなど。


    同一の世界観と主人公による短編、2話以上からなる作品。
    ただし、各短編が連携し、作品全体を貫く起承転結が存在する連作短編形式であること。
    合計枚数は、400字詰め原稿用紙180枚以上400枚以内(枚数内であれば、各短編の枚数・話数は自由)


    大賞:150万円 受賞作は角川文庫にて刊行

    審査発表:2018年9月予定





    共通規約
    ※規約が異なる場合もあるため、公募サイトをご一読ください

    • 応募作品は未発表かつオリジナルのものに限ります。
    • 二重応募(他の公募賞に応募中の作品を応募すること)は不可。二重応募が判明した場合、当該作品は選考対象外となります。
    • 選考に関するお問い合わせには答えられません。
    • 持ち込み応募は受け付けできません。Webか郵送でご応募ください。
    • 手書き原稿は不可。印刷した原稿には通し番号をつけてください。
    • 応募原稿は返却できません。必要な方はあらかじめコピーを手許に残してください。
    • 非営利の個人ウェブサイトや同人誌で発表した場合など、商業的権利について無契約の作品は、商業媒体未発表とみなし応募を受け付けます。ただし、電子書籍を含む自費出版物や、小説投稿サイトで公開した作品については、商業的権利の契約が存在する場合があります。当該サービスの規約をご確認ください。
    • 結果発表後に選考対象外となる事実が認められた場合、受賞が取り消される場合があります。
    • 受賞作品の出版権等は応募先の会社に帰属します。

    このページのトップヘ