c34f68b5c38a5795c6d1bec613f63e38_s
 
404: 2020/03/06(金) 07:12:07.25 ID:cR4V6l+qd
異世界。怪我が治る魔法やポーションあるけど、病気直す呪文や魔法や道具あんまないよねえ

430: 2020/03/06(金) 20:04:17.17 ID:AkYycfNX0
>>404 
悪徳神官が出てくるような作品だと 
回復や治療の一切を教会が握ってて、神官しか使えないっていう設定のもあるな 

なんだっけ、くっさいなんちゃらXってどろり濃厚な液体飲む奴 
あとアラフォー賢者とか(魔法使いと同一設定)

405: 2020/03/06(金) 07:30:35.08 ID:1Jrkm01ha
病気は怪我ほど単純じゃないからねえ 
現代だって病院の診療科目は山ほどあるが怪我の担当はほぼ外科だけじゃん 
あとはみんな病気担当 
魔法でだって網羅するのは難しかろう


406: 2020/03/06(金) 07:41:37.36 ID:7vqoUxtV0
自己治癒を上げるだけでいい、何事にも致死量があり、肉体には回復能力がある

407: 2020/03/06(金) 07:43:30.34 ID:gN0ygWZA0
回復能力が暴走してる癌は直せそうにないすなあ

408: 2020/03/06(金) 07:56:58.64 ID:zrOdXfDmd
>>407
癌じたいは健康な人でも日常的に生まれていて、体の機能が治してるけどな
体の手に負えなるほど数が増えてきて問題化するそうな

409: 2020/03/06(金) 08:13:53.63 ID:p8IHZ94t0
病気の場合どういった現象を起こせば治るのかそれぞれ違うからね
代謝や血流を上げると悪化する病気とかいっぱいあるし
免疫力を無理に上げると今度はアレルギーを発症するし

410: 2020/03/06(金) 08:18:57.83 ID:gN0ygWZA0
どちらに対しても手っ取り早いのは巻き戻し系かな
遺伝子やら先天的なのはどうしようもないけど

411: 2020/03/06(金) 08:30:59.71 ID:zrOdXfDmd
>>410
それ結局のところ時間きたらまた再発するのでは?

無茶な代謝も免疫機能も、全てが超人なら耐えられるっ!!
肉体強化一択だな

427: 2020/03/06(金) 17:07:21.81 ID:k+fNlKe70
>>410
治療魔法じゃなくて再構成スキルで欠損どころか癌まで直す作品があったな
元々の正常データを基に再構成するので、理論上頭さえ残っていれば再生できる
……主人公は自分の〇〇〇を再構築で巨大化させて〇〇〇しまくった性で、
正常データが上書きされて元に戻せず女性問題に苦しみ続ける

412: 2020/03/06(金) 08:33:04.75 ID:kA5uGu6ta
怪我は治るけど体力は戻らないとか怪我は治るけど血は戻らないとか怪我の回復にもパターンがあるな
血が戻らないで腕を生やしたら大変なことにならんのかね

417: 2020/03/06(金) 12:29:37.53 ID:AkYycfNX0
>>412
切られたり噛まれた時に体から出た血までは元に戻らない的な解釈だと思ってる
手や足までは痩せるなら、それくらい補完出来ない? と思ったりはするけど

419: 2020/03/06(金) 14:32:23.32 ID:TeMg/JA/0
>>412
欠損部位なおしたら血液がたりなくなって死ぬとか斬新でいいな

421: 2020/03/06(金) 15:06:33.82 ID:kA5uGu6ta
>>419
欠損はゆっくり治療しなければならないって言う味方側の制約に加えて
敵を一気に治療することで倒すという展開にも使えるな
回復魔法は魔法防御無効とか言って

420: 2020/03/06(金) 15:06:05.51 ID:f3dCXYDx0
>>412
魔法をかけても生えたりしないから切り落とされた腕は拾ってくる必要があるけど、
地面に染み込んだ血はかき集められないから、治療後は大抵失血状態で戦闘不能になるってパターンもあるな

413: 2020/03/06(金) 08:36:59.68 ID:qYkLadcl0
そもそも、ファンタジー世界の病気が我々の病気と同じ原理である必要も無いだろ

かつて信じられていたように、瘴気によって病気になるでもいいし
TRPGのソードワールドだと、病気は体の精霊力のバランスの変調と定義されていたな

414: 2020/03/06(金) 08:54:03.20 ID:cF+1q7ca0
要は効果的には手術と一緒だからちゃんと療養しろっていう設定やろ

415: 2020/03/06(金) 11:39:45.04 ID:VzdgD9eJ0
フィジカル全体を一時的に爆上げして無理矢理自然治癒させる方法なら
大抵の病気は何とかなりそう

416: 2020/03/06(金) 12:04:02.91 ID:8rg36EA5r
金の針で石化を治せるのはやっぱ謎

418: 2020/03/06(金) 13:04:51.63 ID:4m6lKkJcp
>>416
つぼ押し

422: 2020/03/06(金) 15:10:46.75 ID:f3dCXYDx0
何にせよ体力や出血は補えないっていうのは、やたら高性能な治療魔法とダメージによる戦闘不能を両立させるための工夫なんだろうな
体力も血液も完全に元通りにする回復魔法が普通に存在する世界の戦争なんか完全に地獄絵図になりそう

424: 2020/03/06(金) 15:43:39.66 ID:YhUQ1lhAM
血も人体で作られるんだから、回復魔法でついでに造血させれば済む話では?

425: 2020/03/06(金) 15:47:21.11 ID:XcsAmhbh0
普通に考えると腕より血の方が簡単に作れるし違和感が強い
「血まで増えない」って魔法に出来るのは傷を塞ぐ程度じゃない?

431: 2020/03/06(金) 20:20:19.82 ID:lzIY5SwAH
どう直せば良いのかを術者が理解していないと駄目な場合、魔法使いは医者並に人体を勉強しなければならなくなる
治癒系は僧侶が使うことが多いのは、その辺を神様に丸投げできるからかも

432: 2020/03/06(金) 20:29:47.03 ID:k+fNlKe70
>>431
そこら辺だと最近の異世界医療系に多いな
神職は神様に丸投げ、魔法使いはとりあえず魔法任せ
大半はある程度治るけど、当然治らない病気や後遺症が残ったりする

そこを現代知識含めた主人公の新治療法で該当患者を治療する……的な
知識取り入れて弟子になったり、異端として喧嘩売ってきたり

433: 2020/03/06(金) 20:50:34.37 ID:7cIiuIDP0
医療系じゃなくても多くねぇか?
現代知識があるから人体の構造に詳しいので回復魔法がききやすいとかならよく見るぞ
魔法とかで対処できなく現代知識を利用した外科技術をしたってのは見たこと無いけど
医療系の話だとそういうのでてくるん?

435: 2020/03/06(金) 21:01:07.98 ID:lzIY5SwAH
>>433
現代知識ではないが、回復魔法を妨害する呪具が傷に食い込んで治せないけが人が出て
外科手術で呪具を除去する話なら

437: 2020/03/06(金) 21:09:45.46 ID:k+fNlKe70
>>433
アルファ・なろう・カクヨムでいくつかあるな

魔法で治癒と言っても、科学知識も人体医療知識もないからざっくり治癒程度
結果的に治癒じゃ対処できない後遺症が残ったりする病理的事案が発生する
主人公は召喚?現代人だから魔法が使えない(もしくは初心レベル)けど医療知識はある
そこを外科手術や投薬治療などの現代医学を行う、魔法はあくまでも術後傷口をふさぐなどの補助

有名な異世界薬局でも外科手術はやってるし、俺が最近見たのだとここら辺でもやってる
異世界に転移した僕は魔法で手術を行う病院を建てるんです。
ダンジョン街のヤブ医者

436: 2020/03/06(金) 21:03:06.17 ID:7vqoUxtV0
現代人なら普通に知ってる医療知識も、教養がない世界では未知ばっかだからな
毒だってウイルスだって細菌だって、知識がなけりゃそりゃ呪いだの瘴気だのと信じられる

獣で解体して位置を知っていても、この臓器はこういう役割を持ってるだとか
どういう因果があって死に至るのか、膨大な経験がないとわからない

438: 2020/03/06(金) 21:11:25.95 ID:i1stnK0WM
なろうの知識で語られると非常に不快感がある。

439: 2020/03/06(金) 21:14:43.70 ID:7cIiuIDP0
医療系はどうしても先に魔法が使える人間が構造同じなわけないだろうとか
植生や効能一緒なのかよ!とか色々言いたいことがw

そのくせ便利な薬草とかだすからなぁ

440: 2020/03/06(金) 21:30:23.51 ID:k+fNlKe70
>>439
収斂進化という便利な言葉もある
まあ魔法有無で言うなら、身体構造よりもオカルトエネルギー(魔力など)の違いだからな
現代人も中世あたりだと魔法使えてたって話にもなるしね

443: 2020/03/06(金) 21:51:26.13 ID:f3dCXYDx0
>>439
魔法や奇跡が実在した神話の時代が終わった辺りから世界が二つに分かれて、
そういったのが痕跡ごと薄れていったのがこっちの世界で、逆に濃さを増していったのがあちらの世界
分かれてせいぜい数千年しか経ってないから、文化は違っても生物学的には大差がないんだ

便利な薬草とかモンスター的な生物は実は分かれる前からあったが、こっちの世界だと絶滅したうえ、
魔力的なものが薄れて消えるにつれて骨とかの痕跡も崩壊して消えてしまって残ってない

448: 2020/03/07(土) 04:54:15.43 ID:qtXRkZNv0
低難易度・低精度の回復魔法は傷口は塞ぐ、痛みやショックまでは治せない(庶民はここまで)。
中難易度・中精度の回復魔法は欠損は治す、血までは戻せない治せない(貴族・有力者はここまで)。
高難易度・高精度の回復魔法は血まで増やす、が、神経が通る時に無茶苦茶痛い(すぐ治まるが)(賢者・英雄はここまで)。
超難易度・超精度の回復魔法はそういうリスクなく、完全死亡から蘇生までこなす(伝説的英雄・賢者のみの秘伝)、

みたいなのがあっても良い。
ナローシュ=もれなく超ケースだとウヘエと来るけれど。

466: 2020/03/07(土) 17:47:27.99 ID:iCZXKb+r0
>>439
現代人が転移とかして魔法が使えるようになったりするのなら、
単純に現代側が魔法の使い方を知らないだけとなるのでは?

>>448
損傷の大きさでより高度の魔法や、使用者の魔力が高くないと無理ってのはよくある設定じゃないかな?
初歩の回復魔法しかしらないから、切断された部位を接合できないとか

441: 2020/03/06(金) 21:41:07.52 ID:lfHriefKa
昭和の頃にアイヌのシャーマンが末期癌患者を完治させた話があったりする
一年後位に元担当医に会いに行ったら幽霊と思われて叫ばれたとか

444: 2020/03/06(金) 23:10:27.95 ID:i98E+jhEK
>>441
ヤドクガエルの毒にやられた人が原住民の呪術師に毒抜きしてもらって助かったみたいな話もあったっけかな

442: 2020/03/06(金) 21:45:28.49 ID:nsQpzkgE0
この物語はフィクションであり、実在のうんたらかんたら……

別に口から出任せの嘘八百並び立てても全然構わないんだけどな
なろうにありがちなニワカ仕込みの知識披露は、中途半端なところがシンプルに下手な嘘吐いてる感じだから好きになれない

447: 2020/03/07(土) 04:50:00.29 ID:qtXRkZNv0
フィクションでいいなら、重病人を洞窟の中に置き去りにしたら、
何故か快復して戻ってきた、神様のお蔭だ! みたいな騒動になって、
いろいろ調べたら毒バチが洞窟に巣を作って、そこで刺されまくった結果、
病気と免疫が変質して病気を退治した、なんてのもある。
まあウソだからこそできる話ではあるな、ヤドクガエルの話も。

468: 2020/03/07(土) 18:24:22.94 ID:TZz8YYhK0
>>447
フィクションによる解毒の最高峰の一つはこれだと思う

no title


勢いさえあれば毒だってひっくり返せるさ!

引用元: https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bookall/1582527575/



↓ブログランキングに参加しています

2chまとめランキング