4285897_s
 
498: 2020/12/14(月) 10:08:49.74 ID:mNYw1Dmkd
果汁と果実水って別物だったんだな・・・ 
飯屋の水って無料なのか有料なのか 
井戸から組むだけ、魔道具から出すだけなら無料かな? 
井戸が共同で店まで汲んでくる手間があるなら有料かな? 
水じゃないと、低アルコールの酒か、果実水か果汁 
保存が効くのは便利だよね

499: 2020/12/14(月) 13:29:41.03 ID:jY6hIHPE0
さすがの俺も果汁と果実水を混同する事はないなあ

502: 2020/12/14(月) 18:01:09.66 ID:ED4EFht20
>果汁と果実水 

映画『ユリシーズ』で、オッサン達が摘んできた葡萄を裸足で踏んで 
「ワインだ!ワインだ!」とはしゃぎだし、キュクロープスがそれを飲んで酔いつぶれたが
俺にはぶどう果汁とワインの違いが未だに分からない


503: 2020/12/14(月) 18:28:05.18 ID:vqxTfEVHd
>>502
葡萄の皮にはイースト菌みたいに糖をアルコールに変える酵母がついててな
皮ごと潰すだけで、ほっとくと葡萄果汁がスパークリング赤ワインになる

潰して直ぐにワインになるわけじゃないけど

505: 2020/12/14(月) 19:02:21.44 ID:ED4EFht20
>>503

いや、イタリアには客の目の前で潰して直のみするワインの品種があるんだよ
ソースは映画『ユリシーズ』

508: 2020/12/14(月) 19:23:05.01 ID:vqxTfEVHd
>>505
昔の足踏み製法で作る時に果汁を振る舞ったとかじゃなくて、その時点でアルコールがあるの?

513: 2020/12/15(火) 02:31:24.14 ID:tVuLhto20
>>505
ユリシーズてオデュッセイア(古代ギリシャの叙情詩)の映画だから、それ神話の話じゃね?

504: 2020/12/14(月) 19:01:42.37 ID:q8nIgETf0
赤ワイン飲んだけど、ブドウジュースじゃなくてブドウの皮ジュースな味だったな

509: 2020/12/14(月) 19:55:14.62 ID:vqxTfEVHd
盾には一粒食ったら急アルになってしまう葡萄があったね

510: 2020/12/14(月) 21:04:59.73 ID:jY6hIHPE0
粒のままで発酵させて潰して飲むとか?
興味深いなあ

515: 2020/12/15(火) 04:27:02.49 ID:Yl4EQj6U0
どんな果汁でもこれを放り込めば一瞬でアルコール飲料になる「酒の元」とかあるかも知れない。
なお材料は……聞くな。
こういうのを考えるのも異世界モノの醍醐味。
(まあ異世界でなくても現代伝奇でも有効なネタではあるんだけども、スレ的にね)

519: 2020/12/15(火) 07:15:01.21 ID:LhrbVOvn0
>>515
>あるかも知れない。

そうそう。動植物はもちろん、細菌やウイルスなどの性質(つまり腐敗や発酵など)だって、
異世界なら現実世界と違ってても何らおかしくないし、何もかも同じな方がむしろ不自然。

異世界の、「馬とよく似た謎の生物。読者向けの自動翻訳で馬と呼称してる」
の筋力や持久力は、現実世界の「馬という名の生物」よりも強い、なども同じこと。

520: 2020/12/15(火) 07:20:17.94 ID:LhrbVOvn0
.>>519補足
「読者向けの自動翻訳」がないなら、そもそも異世界語は理解できないし、
例えば「住む為の建築物」を「イエ」と訳さず、原文のままの「ケーキ」と
表記したら混乱するからな。全ての名詞も動詞も何もかも、翻訳はされている。

ハンバーグだろうがダイコンだろうが、読者に解りやすくするために配慮した、
翻訳の結果であればおかしくない。本来は異世界語の別の名称なんだから。

516: 2020/12/15(火) 04:45:31.31 ID:LBK7yhR+d
それがアルコールそのものでは

517: 2020/12/15(火) 05:08:55.57 ID:FWsl3Nf10
果実酒っていうのは原料そのものに糖分が合まれているから酵母を加えるだけでアルコールへと発酵させることができるんだ
だから確実に「酒の元」はあるんだよね

ちなみに米や麦はデンプン質なので一度デンプンを糖に分解させてから発酵させる
果実縛りでなければ一考の余地はあったな

518: 2020/12/15(火) 05:48:27.47 ID:F5jpgFp/d
貴腐ワインのブドウなら木なってる時点で
酵母が実の糖分を分解してアルコールを造ってる可能性が微存

521: 2020/12/15(火) 10:53:44.95 ID:BUEDRRjG0
誰かが言った…
どんな果汁でもそれを放り込めば一瞬でアルコール飲料になる「酒の元」があると…

やっぱりトリコは凄いわ
論理や化学が欠片も感じられないツッコミどころオンリーの世界観だけど
読者の心はガッチリ掴んでるんだから

529: 2020/12/15(火) 22:54:56.91 ID:BHrgthTAd
異世界人が異世界で使ってる概念的な単語を全部日本のと同じモノって認識する奴に配慮する必要があるのか?
そういう奴って異世界の貴族制度に現実の貴族はこうなのにおかしいとか言うのと同じ人種だろ

530: 2020/12/15(火) 23:03:11.16 ID:TW+Spykq0
概念が違うなら同じ単語を使うべきではないだろ、そりゃ
共通認識を崩すな

531: 2020/12/15(火) 23:31:51.99 ID:6VKvUYEcd
いやいや異文化の人間がまったく同じ概念持ってるパターンとかむしろ不自然だろ
この日本語のコレはこの世界ではこのことを指してるんだなで終わりだろ
ぴったりマッチしてたら現代人の転生者でもいたのかって伏線になっちゃうわ

532: 2020/12/16(水) 00:26:40.18 ID:391/G/Dr0
まったく同じ概念もってるのは不自然だから別の単語あてりゃええやんっていう
微差なら問題はないけど、大きく外れてるものに同単語をあてはめたら言語ってなんだろうっつー哲学に突入するぞ

534: 2020/12/16(水) 01:34:37.74 ID:WPN+tlfox
>>532
お前さんは近代日本語を全否定するつもりかい?

微差ではなく意味が違う漢語を近代ヨーロッパ社会独自の概念の訳としてあてている例がかなりあるわけだが

535: 2020/12/16(水) 01:40:23.11 ID:391/G/Dr0
>>534
すまんが具体的に頼む

539: 2020/12/16(水) 06:07:12.10 ID:Tx2rBujYd
>>532
ユッナっと言うモルダラーダがあってユッナでニットしてザダを得る事が出来る
カラハンをマアするとビーラやトネアハカ、ケヌヘなどをブヴカネーレする事が出来て


こんな文章を読みたいのか

542: 2020/12/16(水) 08:32:17.35 ID:On1NMStQr
>>539
必要があればそうするべきだと思うよ
必要があればな

533: 2020/12/16(水) 01:14:24.91 ID:94MnYX9z0
お前ら異世界に剣や盾や鎧がある事には頓着しないくせに
カトラリーや食材や料理の事になると必要以上に厳しくなるよな

540: 2020/12/16(水) 06:39:19.83 ID:+niFn3EZa
>>533
このスレは「そこをこだわって話が面白くなるのか?」って話題に限ってヒートアップする人をよく見る気がする

543: 2020/12/16(水) 08:41:31.99 ID:On1NMStQr
>>540
どちらかというと作品に対する姿勢の問題よ
そこに拘って面白くなるか?ってのは部分部分でのミクロな視点ではなくて、作品世界の背景をきちんと考えているかどうかっていうマクロな視点でみるべきだと思う
作品に背骨を通すための作業であって、それを読者に見せびらかす必要はないけども
なにも考えずにテンプレ頼りな作者だと設定もブレブレになったりしがち
なにがなんでも全部を厳密に決める必要はないけど、作品にあわせて解像度高くする必要のある部分は固めとくほうがいい

引用元: https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bookall/1606115418/



↓ブログランキングに参加しています

2chまとめランキング