OOK3S0420140125180412_TP_V4
 
545: 2018/02/08(木) 10:23:19.92 ID:9x6RpC48a
主人公が美少女奴隷買って優しくして惚れられる展開が妙に腹が立ってしまうので半分以上の異世界系の作品が読めない。

546: 2018/02/08(木) 10:23:28.22 ID:8/hAgGUD0
現代人である主人公が奴隷制度なんの抵抗もなく受け入れるのはたしかに異常だ
原作者が犯罪予備軍だからおかしいとは思わないんだろう

547: 2018/02/08(木) 10:37:15.52 ID:uPrZuFt+0
一応善人扱いになってる現代日本出身のナローシュ様が普通に奴隷商で美少女奴隷の品定めしてるの
何回か見たけど作者キチガイなのかなと思った

548: 2018/02/08(木) 10:40:06.90 ID:pcCx8o8e0
だったら奴隷救出すればいいのか?

585: 2018/02/08(木) 15:27:25.20 ID:/QbtQ0140
リアルでも奴隷っても色々あるみたいで
ホントに単純労働の奴隷から執事並みに権限与えてあるやつまでいたからな

590: 2018/02/08(木) 15:54:34.32 ID:XSaNTvhl0
>>585
それも奴隷ってものの性質を考えれば当たり前のことだしな。
同じ仕事をさせるなら一時雇用より長期間服従する人間の方に愛着が湧いてかわいがるのが人情だし、懐に余裕があれば奴隷の人生を考えてやることもある
反面、心にも懐にも余裕がない奴だと一時雇用は逃げるし、奴隷を悪環境で使い潰すようなことも起こる
「ジユウニハタラケル」使い捨て派遣なんぞより心と懐の豊かな雇用主の元で終身雇用(しがらみ等で絶対に辞められないとしても)の方が豊かになれるチャンスが大きいのは現代も同じ

588: 2018/02/08(木) 15:32:33.41 ID:zyFkFlzCr
マムルーク朝(奴隷王朝)という、世界史を選択した受験生を混乱させる変なやつもいるしね。

「奴隷のしつけかた」によると、古代ローマでは主人が世話をしないため野生化した荘園奴隷たちが、
しばし徒党を組んで近隣の荘園を略奪し社会問題化していたとかなんとか。

654: 2018/02/09(金) 02:49:32.99 ID:rzDyl3m10
「奴隷なら少なくとも人間の言葉は通じるからな」みたいな発言もどっかで見たような。

657: 2018/02/09(金) 03:00:53.34 ID:rzDyl3m10
奴隷ヒロインとかもそういう「価値観戦争」の犠牲者にするとなかなか骨太な話になりそうなんだけども、
そもそも肉人形に「ナローシュを褒めるべし」というAIだけ載せてる状態だし、
さすなろさすなろさせることに意義があると思い込んでいるんで、
そこでもはやそういう「錯者」と価値観の違っている状態なのかも知れない。
分かってて(そういうのは安直だと理解してて)やってる確信犯(誤用)も多そうだけど。

658: 2018/02/09(金) 06:52:24.28 ID:Am7lr0kd0
価値観なんのは、それが作中での重大なネタにでもなってない限り、
読者に合わせる(=現代日本人に合わせる)のが当たり前っちゃ当たり前だけどな。

有名なところでは三国志で、妻を殺して料理にするのが美談として扱われてるシーンが、
「現代日本人の価値観にはそぐわないから」という理由でカット(改変)されてる、とか。

未成年の飲酒や喫煙が禁止されてない世界に住んでて、且つ自由奔放な性格でも、
未成年ヒロインに飲酒喫煙はさせない(本人がやろうとしない)、とか。

659: 2018/02/09(金) 07:16:31.39 ID:gnWL62v+0
しかし価値観の違いが全く無いなら、わざわざ異世界を舞台にする意味がない。

……あ、ナロタジーだと異世界=劣った文化の世界でさすなろされつつ
好き放題やりまくり殺しまくりするための都合の良い舞台、
という意味だけはあるか。

703: 2018/02/09(金) 13:44:22.81 ID:Am7lr0kd0
>>659
>価値観の違いが全く無いなら、わざわざ異世界を舞台にする意味がない。

エルフやドワーフと組んで、
剣や魔法を使って、
ドラゴンや大魔王と戦う物語を描きたい、
となったら異世界しかないだろ。

普通、異世界を舞台にする理由というのは、
今挙げたような「現実の日常生活にはないものを物語で扱いたいから」であって、
(「奴隷」も「貴族」もそうだ)むしろ、「価値観の違いを描きたい」
なんて理由で異世界ものを描く人なんていないと思うぞ。

まあ、「文明度の違いを描きたい」ならあるかもしれんが。それは「価値観」ではない。

705: 2018/02/09(金) 13:50:45.52 ID:Ltv0GKCe0
>>703
せやな、単に「価値観の違う世界を描きたい」っていうだけならば、サイコパスみたいな近未来のデストピアだとか
遠い未来のシドニアの騎士みたいな世界だとか、舞台は色々選べるっていう話だよな

712: 2018/02/09(金) 14:44:28.30 ID:gnWL62v+0
>>703
で、そのエルフやドワーフやドラゴンや大魔王が、
現代日本人と全く同じ価値観の方が「当たり前」なのか?
って話なんだが。

663: 2018/02/09(金) 08:48:50.02 ID:oZpR9PiF0
だって地縁ない人間が人雇っても裏切るだろ?
奴隷も裏切る?せやな

666: 2018/02/09(金) 09:17:12.32 ID:ZcwmONkKr
>>663
そこら辺は、人間性というか、人によりけりでは(マジレス

671: 2018/02/09(金) 09:51:15.42 ID:pvJoaGxU0
>>666
そんなモラルをある程度人が持つようになったのは現代になってからだぞ

664: 2018/02/09(金) 09:01:07.30 ID:xOBexsQLd
でも所詮は頭の中にある話だろ
自分の想像上ですら裏切られるとか哀れやら悲しいやら

667: 2018/02/09(金) 09:22:18.53 ID:118ZwY/V0
>>664
奴隷はなぜ寝首を書かないのか、と指摘する側にブーメラン刺さってしまうから駄目

672: 2018/02/09(金) 09:53:06.50 ID:sDQABdh60
>>667
そこに奴隷の首輪(強制服従効果)があるじゃろ?
奴隷買ってアレコレするやつは大抵これが付属してくる

677: 2018/02/09(金) 10:02:37.76 ID:pvJoaGxU0
>>672
奴隷の首輪とか紋章もギルドカードと並んでオーバーテクノロジーでイラッとするわ
てか大抵の創作だと洗脳系統は厳しい制約と効果範囲があるのになろうのはちょろすぎない?

680: 2018/02/09(金) 10:10:50.25 ID:lC6kGZG70
>>677
ロストテクノロジーですっていうのもあるね
それが物語に関わってくるならいいんだが、ただギルドカード出すためのロストテクノロジーだったらは?ってなるな

691: 2018/02/09(金) 11:47:35.42 ID:118ZwY/V0
>>672
高級品である
単純労働や性奉仕ならいいが、権力者が奴隷に政治や軍事系の公的な仕事をさせると危険人物と見なされる

せめてこの二点くらいは満たしてほしいよね。
後者は、部下になると奴隷にされそう的な意味。
奴隷が偉くなることで主人公陣営全体ageの効果を意図してるのはわかるんだけど、奴隷がその手の仕事をしてるとモヤっとする

673: 2018/02/09(金) 09:55:48.87 ID:mxF53vY00
奴隷ヒロインは見知らぬ他人よりも
奴隷落ちした幼馴染みを買い戻すみたいなのの方が好き
買い戻した主人公が「単に人手が欲しかっただけだから」とか
ツンデレなことを言うともっと良い

678: 2018/02/09(金) 10:07:23.62 ID:oZpR9PiF0
奴隷の首輪もギルドカードもあるの自体はいいが
もっとコスト跳ね上げろ的な

681: 2018/02/09(金) 10:15:07.88 ID:pvJoaGxU0
そこらの奴隷商人が簡単に人を逆らえない状態に出来るとかヤバくない?

682: 2018/02/09(金) 10:17:50.65 ID:mxF53vY00
本当は奴隷の首輪とか要らないはずなんだけど
レベルとかがある世界だと妙に強い奴隷がいたりするから
そことの整合を取るためなんだろうな

685: 2018/02/09(金) 10:23:04.11 ID:RkrUMdTj0
ていうか奴隷の首輪作れる技術があるならもっと有効活用しろや

690: 2018/02/09(金) 11:46:56.52 ID:/76iT3N9p
強制アイテムが無くても、奴隷は非合法でもなきゃ寝首をかこうなんて思わないんじゃね?
主人が死んで居て奴隷が居ないってなると、真っ先に疑われるのは奴隷な訳だし、死ぬより辛い未来が待ってそう。
合法なら書類なり手続きなりあるだろし、最低限の保護も必須…て言うのが少ないよね

695: 2018/02/09(金) 12:29:56.18 ID:JBPjFsbH0
黒人奴隷とかの人手以外に使いようのない戦争捕虜と
文化人を捕まえて奴隷にしたり社会保障として身売りした奴隷では全然違うからなぁ

697: 2018/02/09(金) 12:38:06.48 ID:ZcwmONkKr
>>695
マムルークはそこら辺の子供を買ってきて一から教育してエリート親衛隊にするんやで。
似た制度としては、トルコが支配地域のキリスト教徒子弟を強制的に買い集めて親衛隊にする
「イエニチェリ」なんかもある。
そして、例に挙げた二人の奴隷は、一人は幼少期から主人に教育を受け、もう一人は
元は農場奴隷だったが苦心して自分を買い戻し主人の信頼を勝ち得て秘書的な立場になった。

702: 2018/02/09(金) 13:07:48.88 ID:WxBicYp/0
奴隷が設定として出るんならそれはそれで別にいいんだ
ただ、奴隷商が生活できるほどに商品の仕入れと売買が出来るんだろうな、って思わせるようなのは欲しいよね
まぁ、そこまで書くんなら奴隷制よりもカースト制の方がしっくり来たりするけど

704: 2018/02/09(金) 13:49:18.46 ID:uGT88EzB0
奴隷商が生活できるほどっていうけど、
奴隷商は奴隷も扱うってだけで、別に奴隷専売とは限らないんじゃね?

奴隷狩りとか戦争捕虜から奴隷が入手できたときだけ扱う商品とは考えられないか?

707: 2018/02/09(金) 14:09:22.95 ID:mxF53vY00
>>704
奴隷のなり手で一番多いのって借金が払えなくなったとか貧乏人の口減らしとかじゃね?
前近代社会ならどっちの供給源も十分なはず

722: 2018/02/09(金) 16:17:11.03 ID:qE5GWQdf0
>>707
日本でも昭和前半までは普通に借金のかたに身売りとか子供を口減らしに身売りとかあったもんな

制度的な奴隷じゃないけど、売られた方の扱いは奴隷同然だったし

引用元: http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bookall/1517591386/

↓ブログランキングに参加しています

2chまとめランキング